愛媛大学GRC ダイナミクスグループのページ

構成員

2023年10月25日現在

教員

turtle is working very hard 亀山 真典 (教授)

1989年 (平成元年) 4月に大学に入学して以来、東京で約9年半、横浜で約9年を過ごし、すっかり「関東の人間」になったつもりでしたが、2007年 (平成19年) 9月に縁あって西日本に戻ってきました。 愛媛での暮らしも遂に10年を超え、出生地 (兵庫県姫路市) を除けば松山が「最も長く住み続けた街」になりました。


大学院生

田井東 大貴 (M2)
寺戸 聖菜 (M1)

学部生

羽藤 航周 (B4)
藤森 乙瑛 (B4)
上村 勇輔 (B3)
水谷 颯人 (B3)

元メンバー (+卒業・修了生の学位論文題目)

寺戸 聖菜 (B, 2022) 自転する高粘性流体からなる天体の形状に関する数値シミュレーションと月の化石バルジの保持についての検討 [桃井賞 (優秀発表賞) 受賞]
村治 由梨 (B, 2022) 2次元軸対称球殻マントル対流モデルを用いた月の熱進化の数値シミュレーション: 膨張・収縮史に与える火成活動の影響 [桃井賞 (優秀発表賞) 受賞]
田井東 大貴 (B, 2021) 2次元軸対称円筒モデルを用いたマントルの熱組成対流及び上昇プルームの数値シミュレーション
三戸 俊典 (B, 2021) 2次元円環状モデルによる様々なサイズのスーパー地球のマントル対流シミュレーション
土田 真愛 (D, 2020) 上盤プレートの力学的性質によって誘起されるプレート沈み込み帯ダイナミクスの多様性に関する2次元数値シミュレーション研究
(M, 2017) マントル下降流のダイナミクスに関する2次元数値シミュレーション: 沈み込んだプレートの多様な挙動の解明に向けて
(B, 2015) 2次元円筒形モデルを用いたスラブの挙動・形態に関する数値シミュレーション [優秀発表賞 受賞]
仮谷 宥輝 (B, 2020) プレート沈み込みによるマントル中への地殻物質の持ち込みと蓄積に関する数値シミュレーション: 2次元円環状モデルによる考察
藤原 壮記 (B, 2020) 円環状シミュレーションを用いたスーパー地球におけるマントル対流の研究
楠 荘太郎 (B, 2020) 2次元軸対称球殻マントル対流モデルを用いた月の熱進化の数値シミュレーション: マントル内火成活動と地殻の熱伝導率の影響
水木 亮 (B, 2020) 2次元軸対称球殻形状モデルによるスーパー地球のマントル対流シミュレーション
野崎 弘登 (M, 2019) 超大陸サイクルとマントル内熱組成対流構造の同期的な時間変化: 2次元マントル対流シミュレーションに基づく考察
(B, 2017) CIP-CSLR 法を用いた移流方程式数値計算ソルバーの実装: 多次元化と極座標系への拡張
藤谷 宝海 (M, 2019) ばね・ブロック連結モデルに基づく地震サイクルシミュレーションの試み -南海トラフ巨大地震への応用-
實井 涼恭 (B, 2019) マントル対流の水平スケールに与える粘性構造の影響: 2次元軸対称球殻領域シミュレーションによる考察
山川 晃央 (B, 2019) 地殻物質の沈み込みとマントル深部への蓄積に関する数値シミュレーション: 2次元円環状モデルによる考察 [桃井賞 (優秀発表賞) 受賞]
三浦 史人 (M, 2018) 回転流体における3次元熱対流シミュレーションの流れ構造の解析〜外核内対流の特徴的構造の抽出に向けて〜
(B, 2016) 外核内対流を目指した回転流体の3次元熱対流シミュレーションプログラムの開発
玉井 順也 (B, 2018) 月の熱的進化に与える発熱元素の再分配の影響: 火成活動を伴う2次元円環領域内マントル対流シミュレーションによる考察
村田 昌也 (B, 2018) スーパー地球のマントル対流のシミュレーション〜マントル深部の「成層圏」の可能性についての検討〜
十川 直樹 (B, 2017) 高速アルゴリズムを用いた2次元全円環領域におけるマントル対流数値計算プログラムの開発
市川 浩樹 (研究員; 2009年5月〜2017年3月)
原田 あかり (M, 2016) 超大陸サイクルとマントル内熱化学構造との相互関係: 2次元マントル対流シミュレーションに基づく考察
(B, 2014) 海洋性地殻物質の沈み込みとマントル内化学的不均質構造の形成に関する数値シミュレーション
尾上 佳那 (B, 2016) フリーソフト OpenDX による3次元数値シミュレーションデータの可視化
中平 葉月 (B, 2016) 火成活動を伴う2次元円環領域内でのマントル対流数値シミュレーションの試み
中村 早貴 (B, 2016) スーパー地球マントル内上昇プルームに対する断熱圧縮と深度依存物性の影響: 2次元軸対称シミュレーションによる考察
山本 真由美 (M, 2015) 熱伝導率の深さ依存性と強い圧縮性をもつ流体の熱対流シミュレーション〜スーパーアースのマントル対流に対する考察〜
木下 美布由 (B, 2015) 2次元軸対称モデルによるスーパー地球マントル内上昇プルームの数値シミュレーション
宮崎 唯視 (B, 2015) 厚みの異なる2次元円環モデルによるマントル対流シミュレーションの試み
三好 正成 (B, 2015) 保存保証CIP法を用いた多次元移流方程式数値計算ソルバーの実装 [桃井賞 (優秀発表賞) 受賞]
木村 綾花 (B, 2013) 2次元円筒形モデルを用いた停滞スラブの形成・発達に関する数値シミュレーション
豊田 将佑 (B, 2013) 粘性率の異方性をもつマントルの3次元熱対流シミュレーションプログラムの開発
三浦 喜華 (B, 2013) 大陸の存在を考慮したマントルの2次元熱組成対流シミュレーション〜マントル内の化学的不均質構造の発達に与える大陸の影響〜
宮内 新 (D, 2012) 熱伝導率と熱膨張率の空間変化による地球型惑星マントル内流れ場構造の形成に関する数値流体力学的研究
木下 祐也 (B, 2012) 強い圧縮性と深度依存物性をもつ流体中の温度成層の安定性〜スーパー地球のマントル対流に関する考察〜
西岡 僚子 (B, 2011) 海溝後退と停滞スラブによって誘発された「大きなマントルウェッジ (BMW)」での上昇流
福田 将志 (M, 2010) 化学的不均質と大陸移動の影響を考慮したマントル対流の数値シミュレーション
(B, 2008) 大陸の存在・移動がマントル内上昇流の発生に与える影響に関する数値シミュレーション研究
川村 昴平 (B, 2009) 粘性率に強い温度依存性のある流体中の対流不安定に関する線形解析
加藤 悠祐 (B, 2008) マントル遷移層に滞留するスラブの発生条件に関する数値シミュレーション研究

研究の概要

以下は科研費研究成果トピックス にて紹介されたもの (2022年4月18日) より。(画像をクリックすると PDF 版が開きます)