愛媛大学 理学部地球科学科
愛媛大学 大学院理工学研究科 数理物質科学専攻 地球進化学コース

お問い合わせ

地球の過去を学ぶ。地球の現在を知る。地球の未来を想う。

地球科学科とは?

地球の諸問題を科学的に解明するには、生物と流体・固体地球の相互作用をさまざまな時間・空間スケールの現象として地球科学的視点からとらえる必要があります。地球科学科では、このような諸問題を常に意識し、地球の内部構造や地殻変動のメカニズムを学び、地球と生物の共進化などの基礎的な理解を目指しながら、多様な観点と手法で教育・研究を行うことに重点を置いています。

これらの目標を達成するため、本学科では野外調査と室内実験を中心とした幅広いカリキュラムを通して教育を行っています。また、最終学年では卒業研究を通して実証的な調査・研究を行に、実践的な問題に対処できる能力を身につけます。

カリキュラム

(地球科学科カリキュラムマップはこちら☞)

主な専門教育科目(平成28年度)

地球科学科では屋外に出て実習 (地球科学野外実習、地球科学野外研究) したり、地球をつくる物質を題材にした実験 (地球科学実験I・II等) を行うことによって直接地球に触れることを目指しています。

(☜クリックすると拡大します。)

これら以外に基礎的な一般教養を学ぶ「共通教育科目」「専門教育科目」が1年次より順次開講されます。

愛媛大学理学部では、1回生の間に理学全般に関して学び、2回生に進級する時点で数学科・物理学科・化学科・生物科・地球科学科の中から自分の学科を決定することになります。

本学科では、2回生までに古生物や岩石・鉱物、地震や隕石といった地球科学一般についての基礎知識を学び、3回生前期で岩石・鉱物学、地質学を主とするフィールド系と、地球物理学を主とする実験系に分かれます。そして3回生後期には各実験室に別れ4回生に進学するまでの半年間で課題研究を進めていきます。4回生ではそれをさらに発展させた卒業研究に移行します。

また、本学科では学科所属の教員の他に、愛媛大学の研究センターである GRC (地球深部ダイナミクス研究センター) と CMES (沿岸環境科学研究センター) 所属の教員も関連分野の講座をもっており、それらの教員の研究室で卒業研究を行うことも可能です。

スーパーサイエンス特別コース

愛媛大学が世界に誇る3つの研究センター「沿岸環境科学研究センター」「地球深部ダイナミクス研究センター」「プロテオサイエンスセンター」と、その関連研究分野の次世代を担い,国際的に活躍できる人材を育成します。詳しくはスーパーサイエンス特別コースのサイトをご覧ください。
(スーパーサイエンス特別コースのサイトはこちら☞)

大学院理工学研究科 博士前期課程 地球進化学コース

地球進化学コースの教育・研究の目的は46億年悠久の歴史を秘めた地球を理解することにあります。この目的を達成するために、地質科学、岩石鉱物化学、地球物理科学分野からの教育研究を行っています。

(☜クリックすると拡大します。)

(理工学研究科地球進化学コースのサイトはこちら☞)

授業概要
地球化学 放射性同位元素から地球表層の進化過程を理解する。
岩石学 火成岩や変成岩の成因や多様性について解説できるようになる。
古生物学 地球と生命の歴史を化石から導き出すための基礎知識を得る。
造岩鉱物学 地球の主要鉱物の性質を知り、岩石鉱物の生成条件を解析するテクニックを得る。
鉱物物理学 地球を構成する物質について隕石からアプローチする。
地球環境学 地球環境問題に触れながら堆積学、第四紀学の基礎を学ぶ。
地質図学演習 ルートマップや柱状図を作成しながら地質図を作成するのに必要な知識や技能を身につける。
地球内部構造論 地震学から地球内部構造について理解を深める。
固体地球物理学 地球内部の状態、物質構成、化学組成、ダイナミクス等についての基礎と現状を把握する。
地学英語
地球科学の英語教科書を用いながら、専門用語の理解や基礎知識を得る。
プレゼンテーション演習
地球科学分野の論文読解と発表能力を習得する。
地球科学実験
様々な先生より各々の分野における基礎実験を学ぶ。
地球科学野外実習
2泊3日で四国を旅行しながら各地域の地層や岩石を観察する。
地質調査法演習
山中の施設に宿泊しながら岩石の鑑定やルートマップの作成を行う。
取得できる資格
資格 概要 必須科目
中学校教諭一種免許状「理科」 中学校で理科を教えるために必要な資格です。 学士の称号を有すること。教科に関する科目20単位以上。教職に関する科目31単位以上。教科または教職に関する科目8単位以上。
高等学校教諭一種免許状「理科」 高等学校で理科系科目を教えるために必要な資格です。 学士の称号を有すること。教科に関する科目20単位以上。教職に関する科目23単位以上。教科または教職に関する科目16単位以上。
学芸員 博物館や美術館で学芸員として働くための資格です。 「博物館学Ⅰ」「博物館学Ⅱ」「博物館学Ⅲ」「教育本質論」「生涯学習論」「教育情報・メディア論」「博物館実習」
測量士補 測量士の補助的仕事をしながら実務経験をつみ、測量士となるための資格です。 「測量学」「測量学実習」
卒業後の進路
地球科学系では、毎年約4割の卒業生が愛媛大学や他大学の大学院に進学しています。大学院については下記のサイトをご覧ください。また、卒業生の進路状況についての統計データは理学部のサイトを参照ください。 (理学部サイト進路データ☞)
ページのトップへ戻る